ANA株主優待券の取得方法

ANA 優待券

有名な航空会社であるANAは東証一部に上場している企業です。一般の人も株主になることができます。株主になるといくつかの株主優待を受けることができるのですが、この内容はとてもお得なものとなっています。これから、ANAの株主優待について紹介します。

株主優待の内容

株主への優待として、ANAの航空券を50%割引で購入することが可能な割引券があります。この割引券を使用すると普通大人料金の半額で航空券を購入することが可能です。早割など割引がされている航空券の購入時には使用不可となっています。なお、対象は日本国内の路線に限られます。国内の旅行や帰省がお得にできるというわけです。

次に、空港内の売店で10%割引になるサービスも優待としてあります。帰省のお土産など、普通は割引のない商品も安く購入することができます。他にはANAグループの提携ホテルの利用料金が10%割引に、ANAスカイホリデー、ANAハローツアーのツアー料金が7%割引になるサービスも受けられます。海外旅行に行く人はこのツアー料金の割引を利用することをおすすめします。

株主優待を受けるためには

実は株主への優待は1000株以上持っている株主を対象に行っています。また持っている株数により、配布する割引券の数が異なります。株式を多くもっていればいるほど、多くの割引券をもらうことが可能です。航空割引券の場合、1000株では年間2枚、4000株では年間8枚になります。では、現在どのくらいの資金で株主になることができるのでしょうか。2014年4月現在の株価は340円前後。つまり、約34万円で株主優待を受けられるのです。なお、株式投資をするには証券会社に口座があることが前提となりますので、まずは口座を開設して株式を取得しましょう。

株主へ優待券が発行される時期

ANAでは3月末日と9月末日時点で株主名簿に載っている株主を対象に優待券が発行されます。株主名簿にのるには、株式を約定後3営業日必要になります。3月31日に株式を購入しても名簿には載らないのです。確実に優待を受けたい場合には、決められた期日の3営業日よりも前に余裕をもって株を取得しましょう。

航空券が半額で購入できたり、お土産が安く買えるなどとてもお得なANAの株主優待。飛行機によく乗るという方は株主になることをおすすめします。また、株価は常に変動しています。株価を常にチェックして、安い時期に株主になるとよいでしょう。